睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活に様々な障害を引き起こす疾患、それが睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。こんな症状があると睡眠時無呼吸症候群の疑いが!?「朝起きると、頭が重い…」「昼間いつも眠い…」「夜中何度もトイレに起きる…」「いびきがうるさいと言われる…」
SASの重症度は無呼吸低呼吸指数=AHIで表し、一晩の睡眠を通して、1時間あたりの無呼吸や、低呼吸(呼吸が浅くなる状態)の頻度をもとに診断していきます。
このAHIが5回以上認められ、日中の眠気などの自覚症状がある場合、SASと診断されます。

睡眠時無呼吸症候群の診断や治療に関してはこちら

生活習慣病について
「生活習慣病」とは食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒など様々な生活習慣が引き起こす疾患です。
高血圧、脂質代謝、メタボリックシンドロームなどの 診断・治療のご相談はこちら
禁煙外来について
イライラのない生活を送るために、禁煙外来で治療をしませんか?ニコチン依存症チェックもできます!
禁煙治療・禁煙外来についてはこちら